子犬を叩くしつけをしてませんか?

愛犬をしつけるなら子犬の時期から行うのが効果的なのは知っている人が多いと思います。

成犬になってからのしつけは非常に大変なのでできるだけ早い時期にしつけをすることによって人間社会にもスムーズに適応できるようになります。

子犬をしつける際に、あまり犬にしつけをしたことのない人は叩いてしつけをしている人がいますが、それはあまりよくありません。

叩いてしつけをしても子犬を委縮させるだけで、うまくいかないケースも結構あります。

ではどういう感じでしつけをすればいいのかよくわからないという方もいるともいます。

まずは子犬を叩かずにしつける方法を覚えるといいです。

あなた自身もやはり可愛い子犬を叩いてしつけたくはないと思います。

もっと穏やかに、あなたのストレスにも愛犬のストレスにもならないような、自然な形でしつけたいですよね。

ネットである程度の情報があるので、わりとあっさりとしつけることができるのでまずは参考にしてみてはどうでしょうか。

手軽に試せるような方法になっているので、自分の愛犬に効果があるのかやってみてください。

せっかくのペットとの生活なので、できるだけお互いに負担なくすごせるようになるのが理想的だと思います。自己破産の無料相談弁護士事務所の比較ランキング

子犬を叩くしつけをしてませんか?

子犬の噛み癖を治す方法とは?

基本的に人は手を使って物を認識しようとしますが、子犬などは手を上手に使うことができないので、口の中に物を入れて対象を知ろうとする習性があります。

小型犬の甘噛みくらいならまだいいですが、中型犬や大型犬の場合には甘噛みによって人や物を傷つける可能性があるので、子犬のうちにしっかりとしつけておく必要があります。

子犬の噛み癖については遊びの一種になっており、普通どおりに褒美を利用したしつけによって改善していく必要があります。

まずはどのような状況で噛み癖が出るのか知っておく必要があります。

犬によって違ってくると思いますが、人が来たときやなでようとした時、何の前触れもなく噛み癖が出てきたりするなどの状況を把握しておきましょう。

そこで噛んではいけないものにビターアップルなどの味覚的サプライズを仕込んでおき、犬が予想外の刺激を感じることで、噛むのをやめた際にご褒美をあたえるという感じでしつけていくといいと思います。

他にも遊んでいる最中に指を噛まれたら、声を上げて遊びを中断したりして、指を噛むと遊んでもらえなくなるということを教えると効果的です。

つまり噛み癖によって良くないことが起こるということを知らせることで癖を治していくということです。https://www.eliosat.com/

子犬の噛み癖を治す方法とは?

子犬が粗相をしても怒らない

子犬がサークル内で排泄するのではなく、サークルの外でおしっこなどのマーキングをしてしまうことはあります。

その際に怒ってしまうのはあまりいいことではありません。

犬は基本的に自分の巣のまわりに排泄する生き物なのである意味では当然の行動と言えるからです。

それを叱ると愛犬の精神衛生上もあまりよくないです。

そういう場合は、トイレシーツをサークルから離して、トイレに行きたそうな様子を見せたらそこへ誘導するようにするといいです。

粗相をしてもしからずに、うまく排泄できたら褒めてあげるようにしましょう。

そうすることによってしっかりと排泄できるようになると思います。

怒ってしまうと、隠れて排泄してしまう可能性があるので、あせらずにしつけるようにしましょう。

子犬の排泄のしつけは子犬のうちの方が短時間できるようになるので、できるだけ早い段階で取り組むようにするといいです。

こういった部分は調べれば意外とよくわかることなのでそこまで心配する必要はないです。

ただ飼う前にはしっかりとこういった部分は知っておくようにしましょう。

犬のトイレトレーニングにはちょっとした根気がひつようになってくることは予め知ってから取り組むようにするといいと思います。結婚相談所比較ランキングはこちら

子犬が粗相をしても怒らない

犬の夜鳴きはどのようにしつける?

犬の夜鳴きで困っている飼い主の方もすくなくないのではないでしょうか。子犬の時期から夜鳴きが多くと寝れないと困っている人もいると思います。

子犬の時期の場合だと、これまでとまったく違った生活環境になってしまっているので、それに不安を感じて夜鳴きをするということも十分に考えられることです。

とは言っても子犬の夜鳴きについては生活環境に慣れて来ると自然となくなってくるので、それまで我慢するのがいいのかなという感じがしますね。

ただ夜鳴きの際に飼い主が傍にいってしまうと、夜鳴きをすると飼い主が来てくれると思い込んでしまって、さらに夜鳴きがひどくなる可能性があるので注意が必要です。

そのため夜鳴きがあったとしても飼い主は姿を見せないようにするといいです。逆に夜鳴きが止んだら姿を見せるようにするといいかもしれないですね。

つまり夜鳴きをしなくても飼い主は来てくれると思わせることも大事です。夜鳴きによって犬が利益を得るようなことにならないようにするのが、夜鳴きをやめさせるポイントになってきます。

ちなみに痛みなどが伴っている場合の鳴き方については、今までの鳴き方とは明らかに違うと思うので、そういった鳴き方をしているような場合には、ケージに足やアゴなどが挟まってしまって抜けなくなっているような場合もあるので様子を見に行くようにしましょう。詳細はこちら

犬の夜鳴きはどのようにしつける?

子犬の食糞の癖をやめさせたい

子犬の食糞は癖になるので早めに改善したほうがいいのですが、どうやって改善したらいいのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

よくある方法だとフードに混ぜると子犬の糞が苦くなるという「食糞防止」のグッズがあるのでそれを利用することによってやめさせることが可能になります。

何で子犬が食糞をしてしまうのかというと、子犬の好奇心の一環だと考えていいと思います。

そのため子犬の食糞の行動派ある意味では本能的な自然の行動と言えると思います。

また単調な食事に飽きたり食事量が少なすぎるとこういった行動の出ることもあるので、普段の生活習慣についても見直す必要があると思います。

他にもストレス解消だったり、飼い主の気を引きたいだったり、母犬の真似だったり、飼い主に叱られるのを隠すためだったりと、色々な原因が考えられます。

放置していると半永久的になおらないと思われるパターンもあるので注意が必要になってきます。

そのため原因と思われるようなものを一つづつつぶしなら改善していくのがいいのではないでしょうか。詳細はこちら

子犬の食糞の癖をやめさせたい

子犬のしつけの開始時期はいつ?

子犬のしつけの開始時期はいつくあいがいいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

子犬のしつけについてはできるだけ早いほうが、対応しやすくなるので、大体生後一ヶ月くらいから始めるようにしてみてはどうでしょうか。

やはり成犬からしつけるよりは子犬の時期からしつけるほうが、愛犬のほうも対応力違ってくるので、しつけが楽になります。

そのためできるだけ早めにしつけはしたほうが効果的です。

ただ具体的にどうやってしつけたらいいのかよくわからないという方も入ると思うので、やり方についてはトップページを参考にしたほうがいいと思います。

またトップページで紹介しているサイトには、犬のしつけの総合的な方法が記載されているサイトを紹介しているので非常に参考になると思います。

愛犬のしつけで悩んでいるのなら試してみてはどうでしょうか。

割と簡単にできる基本的は方法から、犬の困った行動で悩んでいる人に対しての悩み改善方法についても載っています。

しつけについては生後どれくらいかによって内容が違ってくると思いますが、生後すぐの時期には名前で呼んで覚えさせるなどの簡単なしつけから始めるといいです。

名前を覚えさせる場合にはアイコンタクトを取り、しっかりと目を合わせて名前を呼んで認識させることが大事になります。http://asextukaki.com/

子犬のしつけの開始時期はいつ?

小型犬や子犬でも散歩に連れて行こう!

子犬や小型犬だと、室内で飼っているのであまり散歩に連れて行かないという飼い主の方もいると思いますが、しっかりと散歩に連れて行った方がいいです。

いくら体が小さくても散歩に連れて行った方がいいです。

ペットショップで散歩に連れて行かなくても大丈夫とと言われても、それを鵜呑みにして散歩に行かないということはよくないです。

小型犬でも30分くらいの散歩を1日に2回くらい連れて行くのが理想です。

愛犬の散歩には運動を目的ということ以外にも、においをかいだり、ほかの犬を見たりしたりと、愛犬にとっては刺激が多く楽しみがたくさんあります。

そのため愛犬のストレス発散にもなり効果的です。

散歩をすることはあなたにとってもいい気分転換になるのではないでしょうか。

子犬や小型犬でも散歩には連れて行ってあげるといいと思います。散歩と言っても大型犬ほどの運動量は必要ないので、そこまで長い距離の散歩でなくても問題ないです。

しっかりと正しい子犬や小型犬の飼い方を学びましょう。

人間もそうですが、散歩をすることで血行促進に繋がるので健康には良いです。最低でも1日に1度くらいの散歩はしてあげるといいです。詳細はこちら

小型犬や子犬でも散歩に連れて行こう!

子犬の要求吠えと飛びつき

子犬の要求吠えと飛びつきで悩んでいると言う飼い主の方も結構多いのではないでしょうか。

しつけをしていても、こういった行動を取る犬はいるものです。

こういった困った行動をしている場合にはどのような対処をすればいいのでしょうか。

たまに家族でそれぞれ違った躾方法をしていることがあるので、その際は一つの躾方法をするようにしましょう。

また飛びつきや要求吠えがあったときにはできるだけ無視するようにすると効果的です。

つまり悪い行動をしたときには叱るのではなく、無視するのが一番効果的です。

無視することによって、この行動をしてもいいことがないと思わせることが大事です。

叱ってしまうと、犬のほうではかまってくれたと勘違いする可能性があるので注意が必要です。

犬をしつける際には、「犬をじらせておくこと」、「ごほうびと罰のタイミングを間違えないこと」、「家族でしつけを一貫させること」などが重要になってきます。

特に「家族でしつけを一貫させること」は大事で、意外と家族で違うしつけをしていて犬が混乱するケースも少なくないので、子犬の時期には特にこういったことは気をつけるようにするといいと思います。詳細はこちら

子犬の要求吠えと飛びつき

子犬の留守番のしつけ

子犬の留守番のしつけで大事なのは留守番を犬が不快に感じないようにすることが大事になってきます。

具体的には「サークルやケージに不満を感じない」「留守番時にはおやつが出る」「留守番時には必ず飼い主が帰ってくる」などの犬が不安になるような要素をなくしておくことが大事になります。

基本的に留守番させる際には、事故等が起こらないようにしっかりとサークルやケージに入れておくことが大事になります。

何となくケージやサークルにずっと入れておくと思うとかわいそうだと感じる飼い主もいるかもしれないですが、基本的に犬は暇な状態だと寝ていることが多いので、そこまでストレスは感じないと思います。

犬の安全のためにもサークルやケージで留守番時には行動を制限しておくことが大事になります。

留守番では犬が不満や退屈を感じないように、一人で遊べるようなおもちゃを用意するのもいいと思います。

あと留守番の前提として、しっかりとハウスのしつけを完了しておくことも大事になります。

留守番のしつけでは犬の視界から消えて、犬が鳴きやんだころを見計らって部屋に戻って褒め言葉とご褒美をあげるようにすると、犬の方では吠えなくても飼い主は帰ってくると理解するので、こういったしつけ方法を行います。

吠えているときに姿を見せると、吠えたから帰ってきたと誤解されて逆効果になるので注意しましょう。http://usugekaizen.jp/

子犬の留守番のしつけ

子犬のしつけにはおやつを活用しよう!

子犬のしつけにはおやつを活用するようにすると効果的です。

ただ子犬にこうするようにと躾けてみても、何か見返りがないとそのような行動は起こしてはくれません。

そのためしっかりと躾けたとおりにできたら、おやつを与えることによって、それが正しい行動だと習慣づけすることができます。

愛犬に正しい行動であるか、そうでないかを教えるためにもおやつを使って躾けることは基本中の基本になります。

おやつについては愛犬の好物を複数用意するようにして、やらせることの難易度によってあげるおやつを変えながら行うようにするといいと思います。

難しいと思われるしつけ内容を行う場合は、愛犬が一番好物なおやつを与えるようにして、そこまで難しくないしつけ内容のばあいは、ある程度のおやつを用意するなど、バリエーションを増やすといいです。

子犬のおやつについては生後3ヶ月?4ヶ月頃を目安にしていくといいと思います。

あとはおやつを選ぶ際には、添加物などや噛み切れないようなもの骨などの硬すぎるものは与えないように注意することは大事です。

また人間が食べるようなケーキ、アイスクリーム、ゼリー、おかきなどのおやつ類はあげないようにしましょう。詳細はこちら

子犬のしつけにはおやつを活用しよう!